古銭買取価格

古銭の現代の価値とは?


kanei-tuho-omote



古銭の買い取りは注意が必要です。今では骨董として価値がなくなり、どこの会社でも安く買取します。寛永通宝、天保通宝、永楽通宝などは価値が暴落と言ってもいいくらい安いです。

古銭買取どこがいいかは、実際に連絡してみればわかります。

・電話相談で買取額を聞く
穴銭、渡来銭などがいくらか聞くことはできます。買取しない会社は買取はしません。大判小判や古紙幣では「鑑定しないとわからない」と言われることもあるでしょう。電話で聞けることは、買取ができるかできないかです。

・メール添付で聞く
買取どこがいいか迷ったら、メール相談です。実際に写真を送れて、断りやすいので査定せずにすみます。画像だけで価格を聞けたら、他社比較もできます。相見積もりといって、一括査定と同じように複数の会社で見積もりを聞きます。古銭は実物を見ないと価格をつけづらいものだからです。


買取どこがいいか、手間をかけてでも高く売りたいなら直接連絡することです。時間を惜しむなら、買取対応品の多いところです。昭和のお金や古紙幣などでも売れない例もあるからです。スピード買取.jpのように古銭、コイン、記念硬貨となんでも買取できることが大事。ネット系の買取会社は高額査定が特徴です。実際に価格を知れば納得します

古銭の相場は今後上がりません。遺跡発掘されたり、文化財が売りに出されたりと供給過剰になるからです。コインコレクターの処分品も増え続けます。売る時期、買取どこがいいかは考えてみるといいでしょう。
古銭買取比較が参考になります

古銭は郵送、出張でも査定ができます。沖縄では出張サービスよりは郵送買取がいいでしょう。

・郵送買取会社の例
おたからや スピード買取.jp 大黒屋 福ちゃん 買取プレミアム ウルトラバイヤー JNDAコインショップ

古銭は鑑定料にも注意。有名な古印象では鑑定料が高くなります。コイン商、ディーラーは手数料商売。買取会社では手数料無料が多くなります。

古銭でもびた銭のような銅・鉄の古銭は安くなります。ただ買取先ではこれも値段が付きます。沖縄では琉球古銭がありましたが、昔のお金は高く売れます。額面が「円、銭、分、厘」のもの。「セント、ドル」の紙幣などです。沖縄での古いお金は日本のお金よりも高くなる例もあります。

実際に価格を聞くなら、買取会社の公式HPにアクセス。写真を添付して買取価格を聞いたり、宅配便で送るといいでしょう。沖縄では査定までに1週間前後、送り先によっては数週間かかります。古銭コレクションなど、数が多いと査定完了まで時間もかかります。古銭の処分だけを考えるなら、九州や大阪の買取会社がおすすめです。時間がはやくてすみます。

沖縄の独自の古銭、切手、記念硬貨などは他より高い傾向です。切手付きの地方自治法60周年記念硬貨は、額面より高くなります。骨董品として価値があるものはまとめて査定に出すといいでしょう。

・明治時代金貨買取価格
旧20円金貨
10万円以上 100万円例あり

旧10円金貨
1万円以上 100万円例あり

旧5円金貨
5万円以上 10万円例あり

旧2円金貨
1万円以上 100万円例あり

旧1円金貨
1万円以上 5万円例あり

新20円金貨
1万円以上 100万円例あり

新10円金貨
1万円以上 100万円例あり

新5円金貨
2万円以上 50万円例あり

明治時代の金貨は非常に高く買い取れます。これは価値のわからない店で売るのは大損です。買取価格は高いところなら10万円以上違います。特に高価な明治、大正、昭和の古金銀ではプレミアが評価対象。高く売れるところは古銭専門会社です。例えば買取プレミアム、スピード買取.jpなどがあります。

明治金貨、銀貨は買取価格が下がっています。売る時期を間違えると更に損をします。日本の古銭は人気が下がる一方。資産として持っておくなら他のものが最適。アンティークコインや他の金、古銭の買取は時期が大切です

・皇朝十二銭買取価格
1万円~10万円以上

和同開珎から皇朝十二銭は始まります。これは銅の古銭ですが、大量に製造されたものとは違って、希少価値があります。買取価格は古銭の中でも特に高くなります。コレクションでも皇朝十二銭は人気があります。ただコレクターの処分品が増えているため、古銭買取相場が下がる傾向です。

皇朝十二銭はコインショップではなくても買取ができます。ただ、鑑定は専門分野でもあります。神功開宝だから1万円と定価で決めてくるところよりは、古銭の専門知識がある所が良いでしょう。

近くに買取会社がないと、価格が聞けません。今ではネットでメールで聞いたり、宅配査定で日本全国の会社に見積をとることもできます。処分してしまうにしても、宅配買取や出張買取などで大量処分もできます。

・おたからや
皇朝十二銭は買い取りするが平均して査定額が低い。古銭についてよりは経営が気になる。

・買取プレミアム
古銭専門だが、お店はないので出張査定が必要。

・大黒屋
古銭は貴重なものなら買取対応

・JNDA
皇朝十二銭は全種買取可能 お店が少なく時間もかかる

昔の時代のため、皇朝十二銭はボロボロで古いものが多くなります。見た目では買取価格はわかりません。高額な種類でも傷や汚れの多いものもあります。査定前に洗浄したり、ヒビを入れたりしてしまうと査定額が下がります。皇朝十二銭は古くてもろくなっているため、取り扱い方は注意しましょう

地方貨幣は甲州金が有名です。今の山梨県の地方貨幣です。風林火山の武田士の昔のお金です。江戸時代の貨幣制度は武田の貨幣制度を参考にしたという説もあります。

・甲州金買取価格
10万円~100万円

古銭は価値の低いものと高いものがあります。同じ種類でも高額査定になるのは珍しいものです。普通では数万円の価値しかないものでも、収集家にとっては違いが出ます。幻の古銭になると、普通のものの数倍以上の値打ちになります。

・地方貨幣買取価格
1万円~10万円以上

秋田、盛岡、筑前など東日本には独自の古銭があります。西日本は銀貨や渡来銭などが使用されたとされています。東日本は金の産出もあり、古銭でも金が出てきます。地方貨幣でも、東は金で西は銀という使われ方をしました。

地方貨幣の買取価格は、リサイクルショップよりは古銭専門会社が高い傾向です。理由は高く売れること。ヤフオクや自社販売、オークションなどで高く売れることで買取価格も上がります。転売するだけの会社では高額査定は出しにくいものです。実際に買取会社を比較してみると古銭の価値が違うことがわかります

地方貨幣は江戸時代のものが高くなります。明治時代以降、紙幣が使われるようになると価値が下がります。もともと紙で、珍しいものでないと買取価格が上がりません。古紙幣ではプレミアが付くものは一部です。藩札、県札などでも希少価値のあるものは1万円以上の買取価格例もあります

◆江戸時代古銭
・大判
・小判
・一分金
・一朱金
・豆板銀
・丁銀
・地方貨幣
・寛永通宝
・天保通宝
・その他の銀貨

江戸時代はこれ以外にもお金が作られました。貨幣制度ができて、古銭が大量に作られたのです。現存数は少ないため買取価格は高額例が多くなります。


・江戸時代金貨買取価格
1万円~100万円以上
 大判小判が高額。ただ一分金や甲州金のような珍しい金貨は小判よりも高いこともある。反対に小判の価値は種類によるが高いものと安いものに分かれる

・江戸時代銀貨買取価格
1000円~10万円以上
 一分銀などさまざまな銀貨がある。価値が低いとされるが、貴重種類では数十万円の査定額もある。地方貨幣や私鋳銭など古銭種類も多い

・江戸時代銅・鉄貨買取価格
10円~10万円以上
 大量に製造された寛永通宝。銅銭、穴銭は価値が低いが貴重な種類だと高額査定がある。寛永通宝だから安いとは限らず、母銭のような貨幣の原型などが高い。年代でもレアリティが変わるため、江戸期のいつ頃からでも買取相場が変わる。渡来銭や外国貨幣なども高い例も出てくる

徳川時代は、秀吉以前とは違って古銭の数が圧倒的に増えました。銭形平次で有名な寛永通宝。これも大量に製造されたことで、一枚の価値は10円以下とされます。実際には中国の古銭が使用されたという説もあり、日本でも中国古銭が大量に見つかります。名前や年代のわからないコイン、紙幣は鑑定してみるといいでしょう。

江戸時代の古銭は普通の買取会社、リサイクルショップでも買取はできます。ただ、高く売るなら会社は選んだほうがいいでしょう。古銭専門店、コインショップは日本でも数が少なく、サービスの質が優れてはいません。買取会社でも古銭専門知識があり、高額査定を出せるなら有力候補になります。


銅や鉄製の古銭。これは実際に値段が付かない例もあります。買取会社では有名な古銭ディーラーでは引き取らないものでも買取ができます。


・大判買取価格
50万円~100万円以上

大判は江戸時代より前、豊臣秀吉の安土桃山時代に作られたという説があります。この時代の幻の大判だと買取価格が1000万円以上になるという話です。大判は昔から偽物も多いため、鑑定次第で価値が急激に高くなったり安くもなります。

金は偽造品が多いのです。鑑定でも偽物とされると価値が暴落して数万円にもなります。ただ、偽物にも歴史的な価値があって、コレクションとして値段が付きます。私鋳銭や観賞用のレプリカです。収集として価値があるので、買取価格でも10万円前後と言われます。

もともと江戸時代の大判は金です。数十gの金塊ですから、金の価格より値下がりすることは少ないのです。徳川の古銭価値が下がったとしても、金としてなら売れます。最低価格の保証はあるのです。

もちろん大判は日本でも最高峰のおたから。国宝や文化財として価値があります。古銭商、コインショップ、骨董店のどこでもほしがります。TVの何でも鑑定団でおなじみの銀座コイン。ここでも大判は喜んで買い取りするでしょう。ただ、数十万円以上のため小さい会社だと高くて買い取れないということもあります。小規模会社よりは中規模以上のしっかりした買取会社を選びましょう。

大判は小判と似ています。慶長時代、享保時代など年代の違いも買取価格に出ます。遺品整理などで価値がわからないものは鑑定が必要です。古銭は直接鑑定するものですが、最近では動画や写真などで鑑定することも増えました。宅配買取や出張査定などで価格を聞くのもいいでしょう。大判は古銭コレクターの中でもトップクラス。オークションでも1千万円クラスが出たこともあり、大口の収集家の動向が注目されています。今では収集家の遺品が売りに出されることも増えているからです

・普通の小判買取価格
10万円前後
・貴重な小判買取価格
100万円以上

小判は実はたくさんあるのです。江戸時代に発行されたものでも100万枚以上。現存数が少なくなるので、買取価格も高くなります。しかし買取に出されるものが増えれば増える程、買取価格は下がります。今はまだ売らずに手元においてある人、お蔵や倉庫、千両箱にしまってある人は買取時期を考えてもいいでしょう。

小判、古銭の人気は下がる一方。日本の古いお金はアンティークとして人気は低いのです。国内収集家、海外の収集家からも高い評価を受けてはいません。珍しい年代の小判。幻と言われているレア小判などは高額査定にはなります。

普通の小判は現存数だけでもかなりの数とされます。普通の家庭から、資産家、投資家など持っている人が多いと言われています。買取価格はこうした人達の売買で変わるのです。

これから買取価格が急落する可能性もあります。金貨と言っても、普通の金塊並の価値になるなら早めに手放さないといけません。価値が高い内に売るのが最も賢い方法。家宝や財産としてコインコレクションするなら、時価価格ということも知っておいたほうがいいでしょう。

徳川時代の貨幣はもっと貴重な種類があります。慶長時代、元禄時代の小判よりは珍しい貴重な産地の小判が高価買取です。同じようにみえても、生産地や時代で価格が変わります。職人が作ったもののため、きれいなものや美術的に見事な作品になると査定額が高くなります。一品物できれいな品質のものが少なくなるからです。

古銭はおたからやや大黒屋、なんぼやのようなリサイクルショップよりは、古銭を専門に買い取りする所がいいでしょう。しかしコインショップは数が少ないため、スピード買取.jpや買取プレミアムのような専門鑑定士がいる所が最適。便利さと専門性がうまくバランスされています

<a href="http://www.mext.go.jp/" >文部省</a>

古銭には文化遺産としての価値もあります。買い取りというと、ビジネスやリユース、リサイクルですが貴重な文化財保護でもあります。日本の歴史と文化、芸術が詰まっているのです。

買取では価値がないものから、国宝級のお宝までが出てきます。古銭では飛鳥時代、奈良時代頃の和同開珎が最初とされています。買取価格ではプレミアがつかないのが残念ですが、現代でも数が少なく貴重なことには間違いがありません。

遺跡発掘や博物館の払い下げ、大口のコレクターの処分品などで、古銭は市場に流れてきます。銅でできた皇朝十二銭、中国から伝来した渡来銭などは実はプレミア価格にはならないのです。現代では大量に見つかっていることから、普通の人でもネット通販で買えます。

大量にあることで、買取価格は上がりにくくなります。古銭は現存数や、珍しさ、美術性、文化財など価値が高いほど買取価格も上がります。反対に、価値が低いものは金よりも査定額が低くなります。骨董品として価値が出にくいため、1000年前の古銭でも1000円前後の相場となるのです。

大判、小判、明治金貨などは特に高額査定。金として人気があるだけでなく、投資や資産としても価値が出ます。貴重なものではなくても、数万円以上にはなるのです。古銭といっても元々の素材の価格も影響してきます。銅や鉄製の古銭では、貴重なものではないと買取価格が上がりにくくなっています。金はただの金塊であっても、グラム単位で4,000円前後の価格。古紙幣は紙のため原価は数円とされます。古い紙幣でも価値がそれぞれ違ってくるのです

◆明治時代古銭
・金貨(20円、10円、5円、2円、1円)
・銀貨(10円、5円、1円)
・古紙幣

明治の古銭は買取価格が高いものがあります。プレミアが付くものは、幻の1000万円金貨などがあります。明治では金貨も大量発行されたため、貴重なものなら高く、数が多いものになると数万円の買取価格です。


銀貨は元々価値が高くなりづらいものです。これは古銭としてレアリティがないと高くはなりません。プレミアが付けば、銀貨でも100万円以上もあります。


古紙幣になると、貴重さが買取価格に出ます。大量発行されたものが多く、もとが紙のお金。金貨とは違って、100円以下の査定額も多くなります。プレミアが付くものなら、1円の古紙幣でも1万円以上。更に珍しいものは10万円以上と言われています。


明治時代は機械で貨幣を発行するようになり、個体差も出づらくなりました。江戸以前の古銭では、製造地や美術的に見事な作りのものがプラス査定になることもあるのですが、明治以降は種類で価値が決まってきます。どちらもコレクターにとっての価値基準で、紙のお金に高いお金を払うのは普通の人はしません。

明治の古銭は現代では使うことができません。(一部をのぞく)

もちろん20円金貨を20円で使うと損をします。銀行では両替ができないため、買取会社を探して換金したほうがいいでしょう。額面以上になることは間違いがありません。紙幣の場合は額面以下になるものもあります。ただ10円札が100円になるなら10倍の価値。他に使いみちもないため、査定に出してみて金額を聞いてみることをおすすめします



↑このページのトップヘ