古銭買取価格

古銭の現代の価値とは?

・普通の小判買取価格
10万円前後
・貴重な小判買取価格
100万円以上

小判は実はたくさんあるのです。江戸時代に発行されたものでも100万枚以上。現存数が少なくなるので、買取価格も高くなります。しかし買取に出されるものが増えれば増える程、買取価格は下がります。今はまだ売らずに手元においてある人、お蔵や倉庫、千両箱にしまってある人は買取時期を考えてもいいでしょう。

小判、古銭の人気は下がる一方。日本の古いお金はアンティークとして人気は低いのです。国内収集家、海外の収集家からも高い評価を受けてはいません。珍しい年代の小判。幻と言われているレア小判などは高額査定にはなります。

普通の小判は現存数だけでもかなりの数とされます。普通の家庭から、資産家、投資家など持っている人が多いと言われています。買取価格はこうした人達の売買で変わるのです。

これから買取価格が急落する可能性もあります。金貨と言っても、普通の金塊並の価値になるなら早めに手放さないといけません。価値が高い内に売るのが最も賢い方法。家宝や財産としてコインコレクションするなら、時価価格ということも知っておいたほうがいいでしょう。

徳川時代の貨幣はもっと貴重な種類があります。慶長時代、元禄時代の小判よりは珍しい貴重な産地の小判が高価買取です。同じようにみえても、生産地や時代で価格が変わります。職人が作ったもののため、きれいなものや美術的に見事な作品になると査定額が高くなります。一品物できれいな品質のものが少なくなるからです。

古銭はおたからやや大黒屋、なんぼやのようなリサイクルショップよりは、古銭を専門に買い取りする所がいいでしょう。しかしコインショップは数が少ないため、スピード買取.jpや買取プレミアムのような専門鑑定士がいる所が最適。便利さと専門性がうまくバランスされています

<a href="http://www.mext.go.jp/" >文部省</a>

古銭には文化遺産としての価値もあります。買い取りというと、ビジネスやリユース、リサイクルですが貴重な文化財保護でもあります。日本の歴史と文化、芸術が詰まっているのです。

買取では価値がないものから、国宝級のお宝までが出てきます。古銭では飛鳥時代、奈良時代頃の和同開珎が最初とされています。買取価格ではプレミアがつかないのが残念ですが、現代でも数が少なく貴重なことには間違いがありません。

遺跡発掘や博物館の払い下げ、大口のコレクターの処分品などで、古銭は市場に流れてきます。銅でできた皇朝十二銭、中国から伝来した渡来銭などは実はプレミア価格にはならないのです。現代では大量に見つかっていることから、普通の人でもネット通販で買えます。

大量にあることで、買取価格は上がりにくくなります。古銭は現存数や、珍しさ、美術性、文化財など価値が高いほど買取価格も上がります。反対に、価値が低いものは金よりも査定額が低くなります。骨董品として価値が出にくいため、1000年前の古銭でも1000円前後の相場となるのです。

大判、小判、明治金貨などは特に高額査定。金として人気があるだけでなく、投資や資産としても価値が出ます。貴重なものではなくても、数万円以上にはなるのです。古銭といっても元々の素材の価格も影響してきます。銅や鉄製の古銭では、貴重なものではないと買取価格が上がりにくくなっています。金はただの金塊であっても、グラム単位で4,000円前後の価格。古紙幣は紙のため原価は数円とされます。古い紙幣でも価値がそれぞれ違ってくるのです

◆明治時代古銭
・金貨(20円、10円、5円、2円、1円)
・銀貨(10円、5円、1円)
・古紙幣

明治の古銭は買取価格が高いものがあります。プレミアが付くものは、幻の1000万円金貨などがあります。明治では金貨も大量発行されたため、貴重なものなら高く、数が多いものになると数万円の買取価格です。


銀貨は元々価値が高くなりづらいものです。これは古銭としてレアリティがないと高くはなりません。プレミアが付けば、銀貨でも100万円以上もあります。


古紙幣になると、貴重さが買取価格に出ます。大量発行されたものが多く、もとが紙のお金。金貨とは違って、100円以下の査定額も多くなります。プレミアが付くものなら、1円の古紙幣でも1万円以上。更に珍しいものは10万円以上と言われています。


明治時代は機械で貨幣を発行するようになり、個体差も出づらくなりました。江戸以前の古銭では、製造地や美術的に見事な作りのものがプラス査定になることもあるのですが、明治以降は種類で価値が決まってきます。どちらもコレクターにとっての価値基準で、紙のお金に高いお金を払うのは普通の人はしません。

明治の古銭は現代では使うことができません。(一部をのぞく)

もちろん20円金貨を20円で使うと損をします。銀行では両替ができないため、買取会社を探して換金したほうがいいでしょう。額面以上になることは間違いがありません。紙幣の場合は額面以下になるものもあります。ただ10円札が100円になるなら10倍の価値。他に使いみちもないため、査定に出してみて金額を聞いてみることをおすすめします



昭和は戦前と戦後で買取価格が大きく違います。戦前に使われていた古銭、古紙幣は戦後に両替されて数が少なくなっているからです。昭和の頃でも戦後では、今と同じ額面や種類のお金が発行されました。

お札ではほとんど今と同じ価値。買取価格は額面より低いため、昭和の1万円札の買取相場は1万円以下です。一部、エラー札やゾロ目札、珍しいものがプレミアが付いて高く買い取られます。

昭和の戦前では、金貨や銀貨が発行されていました。これは今とは物価も違うので、額面の10倍・100倍以上の価値になります。10円金貨の現代の買取価格は数万円以上。古銭のため、プレミアが付くものなら更に高くなります。

昭和の硬貨はほとんどが額面以下。一部、貴重な年代の硬貨は少し高くなります。ギザ十やフデ五などが有名ですが、50円玉でも高い種類もあります。これも買取会社に持ち込んでみて価格を聞いてみてもいいでしょう。50円が100円、500円になることもあります。

古銭は相場も下がっています。昭和は現存数も多いので、高く売れない種類も多くなります。軍事用に使われた古銭、アジアや外国で使用された古銭、琉球時代の古銭などがレアリティが高くなります。貴重なものになれば、まずまず高い買取価格が出ます。数千円から数万円クラスの古銭もあるのです。プレミアと言うと100万円以上を想像しますが、数千円の古銭も多いのです。

↑このページのトップヘ