日本の古銭は人気がない。

おまけに、数もたくさんある。

大判、小判なら価値はありますが、銅や鉄の古銭は爆安になっています。100円で売れたものが、50円、10円。ついに0円で買い取り拒否に。

買取価格でも、どこまでも高くは売れません。

それは買い手がいないこと。

海外のコインや古紙幣は人気があっても、日本の古銭となるとコレクターが減ってきます。寛永通宝や皇朝十二銭が有名ですが、現存数が多いために価値が上がりません。

収集家や資産家が買わないこと。それは買取相場にも影響が出てきます。コインの価格は種類や材質、年代などもあります。

ただ、最も価格に影響するのは人気。古い穴銭を買う人が減り続けていて、0円査定もでてきました。爆安というより暴落。

銀貨でも価値が暴落に近いくらい下がった例もあります。丁銀や豆板銀でも、現存数は多いために100万円以上するものは少なくなっています。

プレミアが付く種類だと、高額査定。ただそれを売れるチャンネルを持っていることが大事です。コレクターや富裕層などに売れる。

普通の買取会社では、安くなるのが普通です。金貨では高額査定例もありますが、相場を大きく外した価格はつきにくくなっています。

江戸時代の古銭といえば、歴史的な価値もあります。徳川時代という付加価値、職人の手作りという価値もあります。

しかし、買う人が高い値段を付けなければ安くなる。価格破壊に近い爆安です。日本の古銭はデザインが不人気。

日本人でも古銭収集、切手収集は流行が完全に終わったといえます。古銭価格は安くて当然。ゴミ並に買取価格が下がっているため、鑑定するのが無駄になるかもしれません。

将来的に古銭ブームが来るか?記念硬貨は高値で取引されますが、明治や江戸時代の古銭は安いのです。昭和のお金は買取もできずに両替もできない種類も一部あります。

これが古銭鑑定の現実なのです。