・普通の小判買取価格
10万円前後
・貴重な小判買取価格
100万円以上

小判は実はたくさんあるのです。江戸時代に発行されたものでも100万枚以上。現存数が少なくなるので、買取価格も高くなります。しかし買取に出されるものが増えれば増える程、買取価格は下がります。今はまだ売らずに手元においてある人、お蔵や倉庫、千両箱にしまってある人は買取時期を考えてもいいでしょう。

小判、古銭の人気は下がる一方。日本の古いお金はアンティークとして人気は低いのです。国内収集家、海外の収集家からも高い評価を受けてはいません。珍しい年代の小判。幻と言われているレア小判などは高額査定にはなります。

普通の小判は現存数だけでもかなりの数とされます。普通の家庭から、資産家、投資家など持っている人が多いと言われています。買取価格はこうした人達の売買で変わるのです。

これから買取価格が急落する可能性もあります。金貨と言っても、普通の金塊並の価値になるなら早めに手放さないといけません。価値が高い内に売るのが最も賢い方法。家宝や財産としてコインコレクションするなら、時価価格ということも知っておいたほうがいいでしょう。

徳川時代の貨幣はもっと貴重な種類があります。慶長時代、元禄時代の小判よりは珍しい貴重な産地の小判が高価買取です。同じようにみえても、生産地や時代で価格が変わります。職人が作ったもののため、きれいなものや美術的に見事な作品になると査定額が高くなります。一品物できれいな品質のものが少なくなるからです。

古銭はおたからやや大黒屋、なんぼやのようなリサイクルショップよりは、古銭を専門に買い取りする所がいいでしょう。しかしコインショップは数が少ないため、スピード買取.jpや買取プレミアムのような専門鑑定士がいる所が最適。便利さと専門性がうまくバランスされています