・大判買取価格
50万円~100万円以上

大判は江戸時代より前、豊臣秀吉の安土桃山時代に作られたという説があります。この時代の幻の大判だと買取価格が1000万円以上になるという話です。大判は昔から偽物も多いため、鑑定次第で価値が急激に高くなったり安くもなります。

金は偽造品が多いのです。鑑定でも偽物とされると価値が暴落して数万円にもなります。ただ、偽物にも歴史的な価値があって、コレクションとして値段が付きます。私鋳銭や観賞用のレプリカです。収集として価値があるので、買取価格でも10万円前後と言われます。

もともと江戸時代の大判は金です。数十gの金塊ですから、金の価格より値下がりすることは少ないのです。徳川の古銭価値が下がったとしても、金としてなら売れます。最低価格の保証はあるのです。

もちろん大判は日本でも最高峰のおたから。国宝や文化財として価値があります。古銭商、コインショップ、骨董店のどこでもほしがります。TVの何でも鑑定団でおなじみの銀座コイン。ここでも大判は喜んで買い取りするでしょう。ただ、数十万円以上のため小さい会社だと高くて買い取れないということもあります。小規模会社よりは中規模以上のしっかりした買取会社を選びましょう。

大判は小判と似ています。慶長時代、享保時代など年代の違いも買取価格に出ます。遺品整理などで価値がわからないものは鑑定が必要です。古銭は直接鑑定するものですが、最近では動画や写真などで鑑定することも増えました。宅配買取や出張査定などで価格を聞くのもいいでしょう。大判は古銭コレクターの中でもトップクラス。オークションでも1千万円クラスが出たこともあり、大口の収集家の動向が注目されています。今では収集家の遺品が売りに出されることも増えているからです