◆江戸時代古銭
・大判
・小判
・一分金
・一朱金
・豆板銀
・丁銀
・地方貨幣
・寛永通宝
・天保通宝
・その他の銀貨

江戸時代はこれ以外にもお金が作られました。貨幣制度ができて、古銭が大量に作られたのです。現存数は少ないため買取価格は高額例が多くなります。


・江戸時代金貨買取価格
1万円~100万円以上
 大判小判が高額。ただ一分金や甲州金のような珍しい金貨は小判よりも高いこともある。反対に小判の価値は種類によるが高いものと安いものに分かれる

・江戸時代銀貨買取価格
1000円~10万円以上
 一分銀などさまざまな銀貨がある。価値が低いとされるが、貴重種類では数十万円の査定額もある。地方貨幣や私鋳銭など古銭種類も多い

・江戸時代銅・鉄貨買取価格
10円~10万円以上
 大量に製造された寛永通宝。銅銭、穴銭は価値が低いが貴重な種類だと高額査定がある。寛永通宝だから安いとは限らず、母銭のような貨幣の原型などが高い。年代でもレアリティが変わるため、江戸期のいつ頃からでも買取相場が変わる。渡来銭や外国貨幣なども高い例も出てくる

徳川時代は、秀吉以前とは違って古銭の数が圧倒的に増えました。銭形平次で有名な寛永通宝。これも大量に製造されたことで、一枚の価値は10円以下とされます。実際には中国の古銭が使用されたという説もあり、日本でも中国古銭が大量に見つかります。名前や年代のわからないコイン、紙幣は鑑定してみるといいでしょう。

江戸時代の古銭は普通の買取会社、リサイクルショップでも買取はできます。ただ、高く売るなら会社は選んだほうがいいでしょう。古銭専門店、コインショップは日本でも数が少なく、サービスの質が優れてはいません。買取会社でも古銭専門知識があり、高額査定を出せるなら有力候補になります。


銅や鉄製の古銭。これは実際に値段が付かない例もあります。買取会社では有名な古銭ディーラーでは引き取らないものでも買取ができます。