地方貨幣は甲州金が有名です。今の山梨県の地方貨幣です。風林火山の武田士の昔のお金です。江戸時代の貨幣制度は武田の貨幣制度を参考にしたという説もあります。

・甲州金買取価格
10万円~100万円

古銭は価値の低いものと高いものがあります。同じ種類でも高額査定になるのは珍しいものです。普通では数万円の価値しかないものでも、収集家にとっては違いが出ます。幻の古銭になると、普通のものの数倍以上の値打ちになります。

・地方貨幣買取価格
1万円~10万円以上

秋田、盛岡、筑前など東日本には独自の古銭があります。西日本は銀貨や渡来銭などが使用されたとされています。東日本は金の産出もあり、古銭でも金が出てきます。地方貨幣でも、東は金で西は銀という使われ方をしました。

地方貨幣の買取価格は、リサイクルショップよりは古銭専門会社が高い傾向です。理由は高く売れること。ヤフオクや自社販売、オークションなどで高く売れることで買取価格も上がります。転売するだけの会社では高額査定は出しにくいものです。実際に買取会社を比較してみると古銭の価値が違うことがわかります

地方貨幣は江戸時代のものが高くなります。明治時代以降、紙幣が使われるようになると価値が下がります。もともと紙で、珍しいものでないと買取価格が上がりません。古紙幣ではプレミアが付くものは一部です。藩札、県札などでも希少価値のあるものは1万円以上の買取価格例もあります