<a href="http://www.mext.go.jp/" >文部省</a>

古銭には文化遺産としての価値もあります。買い取りというと、ビジネスやリユース、リサイクルですが貴重な文化財保護でもあります。日本の歴史と文化、芸術が詰まっているのです。

買取では価値がないものから、国宝級のお宝までが出てきます。古銭では飛鳥時代、奈良時代頃の和同開珎が最初とされています。買取価格ではプレミアがつかないのが残念ですが、現代でも数が少なく貴重なことには間違いがありません。

遺跡発掘や博物館の払い下げ、大口のコレクターの処分品などで、古銭は市場に流れてきます。銅でできた皇朝十二銭、中国から伝来した渡来銭などは実はプレミア価格にはならないのです。現代では大量に見つかっていることから、普通の人でもネット通販で買えます。

大量にあることで、買取価格は上がりにくくなります。古銭は現存数や、珍しさ、美術性、文化財など価値が高いほど買取価格も上がります。反対に、価値が低いものは金よりも査定額が低くなります。骨董品として価値が出にくいため、1000年前の古銭でも1000円前後の相場となるのです。

大判、小判、明治金貨などは特に高額査定。金として人気があるだけでなく、投資や資産としても価値が出ます。貴重なものではなくても、数万円以上にはなるのです。古銭といっても元々の素材の価格も影響してきます。銅や鉄製の古銭では、貴重なものではないと買取価格が上がりにくくなっています。金はただの金塊であっても、グラム単位で4,000円前後の価格。古紙幣は紙のため原価は数円とされます。古い紙幣でも価値がそれぞれ違ってくるのです